お肌の専門家も推奨する脇の黒ずみをとる方法とは?

 

 

女性にとって脇の黒ずみというのは、気になりますよね。

 

黒ずみは全身に出来ますが、特に脇というのは発生し易い場所です。
デリケートゾーンなどと比べると、隠しにくい場所でもあります。

 

春から夏にかけては薄着になりますから、隠し切れません。
また冬でも結婚式などがあれば、ドレスを着用するので脇を見せることになります。
男性は意外と見ているので、脇に黒ずみがあると印象は良く有りません。

 

脇の黒ずみは解消するのには時間を要しますが、不可能ではありません。

 

このサイトでは、正しい脇の黒ずみをとる方法を経験談も含めてご紹介します。
是非参考にして貰えればと思います。

 

 

そもそも脇に黒ずみが出来る原因とは?

まず最初に、黒ずみの原因を知ることが大事です。
原因を知ることによって、正しいお手入れの方法が分かるからです。

 

脇に黒ずみが出来てしまうのは、幾つが原因があります。
主に言われているのは、二つです。

 

  1. メラニン色素が発生して沈着した
  2. 皮脂や角質が剥がれず蓄積した

この二つに該当することが多いです。

 

メラニン色素が発生して沈着した

 

お肌が刺激を受けると、その刺激から守る為にメラニン色素が生成されます。
通常の範囲内であれば、ターンオーバーというお肌の新陳代謝で排出されます。

 

ですが、その生成の量などが多くなると排出しきれないことがあります。
そうなるとお肌の表面の方に蓄積しますので、それが沈着して黒ずみとなります。

 

年齢を重ねていくと、ターンオーバー自体の周期も遅くなります。
ですから、更に黒ずみが出来やすくなります。

 

脇というのは皮膚も薄いですし、箇所としても刺激を感じやすいので黒ずみが出来やすいのです。

 

黒ずみの予防として、脱毛を自分でやらないことが推奨されているのもこれが理由です。
カミソリなどで脱毛をすると、お肌が刺激を感じやすいので黒ずみができます。

 

脇の黒ずみで脱毛サロンが登場するのは何故かご存知ですか?

 

皮脂や角質が剥がれず蓄積した

 

脇汗からも分かるように、脇には汗腺が多いです。
蒸れやすい箇所ですから、分泌された皮脂などの汚れが溜まりやすいです。
これが毛穴に詰まってしまうと、黒ずみになる場合があります。

 

お肌の乾燥にも注意です。
乾燥すると水分を守ろうと、角質が厚くなるからです。
角質が剥がれずに厚みを増していくと、これも脇が黒ずんで見える原因となります。

 

先のメラニン色素もそうですが、脇というのは黒ずみが出来る原因が起こりやすいパーツなのです。

 

正しい脇の黒ずみをとる方法とは

脇の黒ずみをとる方法ですが、今は色々な方法がネット上にあります。

 

検索してみると幾つか出てくるのですが、適していない方法や悪化させる方法も含まれています。
黒ずみを悪化させれば更に時間を要することになりますので、注意が必要です。

 

このサイトでは代表的だけど注意が必要な方法について、解説しています。
ご存じなければ、或いは実践を考えていたならば読んでみて下さい。

 

脇の黒ずみをとる方法!噂のニベアに挑戦した結果...
脇の黒ずみをとる方法で重曹を使うのは、危険なので要注意!

 

黒ずみの主な原因は前項で書いたように、メラニン色素と角質の蓄積です。

 

ということはメラニン色素の発生や沈着を防ぎ、また角質が溜まらない様に乾燥対策やターンオーバーを正常にするのが正しい方法です。

 

ですので、脇の黒ずみのお手入れのポイントは、保湿と美白だと言われています。

 

保湿をすることでお肌を刺激や乾燥から保護することができます。
これによりメラニン色素の発生、角質の蓄積を防ぎます。
同時に美白成分によって沈着した色素へのアプローチも可能になります。

 

  1. 脇は優しく丁寧に洗う
  2. 洗った後は保湿と美白を行う

というのが、脇のお手入れ方法です。

 

後はターンオーバーを進めていくにつれて、徐々に変化が出てきます。
1回の周期で完全にとはいきませんので、数ヶ月というスパンで見る必要があります。

 

最短最速、今すぐにという場合は美容皮膚科で施術を受けるべきです。
当然即効性は期待出来ますが、自己負担なので料金は高額です。

 

効率が良い黒ずみのお手入れ方法は?

 

 

 

自分でお手入れをしていくのであれば、黒ずみ専用の化粧品を用いる方が良いです。
理由ですが、、、

 

  • 保湿と美白成分が含まれている
  • 簡単に使えるので継続し易い

というのがあります。

 

黒ずみには1ヶ月単位で経過を見ていくことになるので、続けやすい方法であるべきです。

 

黒ずみ用のコスメの場合、専用だけあって保湿と美白成分が含まれている物が多いです。
使い方も簡単ですから、面倒に感じる方でも続けやすいと思います。
事実、専門家の方も自分でお手入れする場合には専用のコスメを使う事を推奨しています。

 

市販でもありますが、安価なので成分が限られています。
それゆえ、自分の黒ずみに合った物を選ぶ必要があります。
(色素沈着なのか、乾燥なのか、ターンオーバーの乱れなのか)

 

【体験談】本気のお手入れには、アットベリーをおすすめします。

もし本気で黒ずみのお手入れをしたいなら、黒ずみに定評があるコスメがおすすめです。
口コミで評判なのが、アットベリーというコスメです。
アットコスメでは調べた限り、黒ずみのコスメとしては最も高い評価を得ていました。

 

アットベリーは黒ずみ用コスメなので、セルフケアにバッチリ!

 

黒ずみのお手入れとして必要な、保湿と美白(メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ)要素は満たせています。

 

  • 保湿:コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、アロエエキス、トレハロース
  • 美白:グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタ、天草フラボノイド、エイジツエキス、トウキエキス

 

このうち医薬部外品の有効成分は、グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタです。
双方とも美白の成分ではありますが、保湿に関しても成分量は十分だと思います。
医薬部外品とは、一定の薬理作用が認められている成分が配合されている物を意味します。

 

値段が市販よりはしますので、当然購入者が求めるレベルも高いはずです。
当然それなりに実感を得られていないと、高評価は得られないはずですよね。

 

400件近くのレビューがあり平均評価も高いという事は、多くの方が使ってみて変化を実感できたというのが伺えます。
私自身、昨年黒ずみに悩んでいましたので実際に使ってみることにしました。

 

通販しました!

 

 

 

使い方は、朝晩2回黒ずみが気になる箇所に塗るだけです。
脇だけでなく、全身の黒ずみに使用出来るのでデリケートゾーンや膝もOKです。

 

朝塗った後に不快感が残ることが心配でしたが、浸透が早いですしベタつきも少ないです。
塗るだけなので、誰でも続けやすいと思いました。

 

自分の場合、2ヶ月半ば位から黒ずみへの手応えを感じられるようになりました。
3ヶ月目が過ぎた頃にはかなり良くなり、夏も脇を気にせず過ごせたのでよかったです。

 

脇のお手入れは時間が勝負です。
数ヶ月は必要なので、早いうちに正しい方法で始めるほうが良いと思います。

 

 

 

アットベリーは口コミだけではなく、皮膚科医もお手入れ商品として紹介しているコスメです。
医師の方々が投稿、運営するサイトで紹介されているのです。

 

初めての方には返金保証も付いていますから、敏感肌の方でも安心して使えると思います。
黒ずみに悩んでいるのであれば、是非一度詳細をご覧になってみてください!

 

アットベリーの公式通販はこちら!