アットベリーは顔にも使用出来るのか、調べてみた結果!

アットベリー 顔 

 

気になる方が多い脇だけでなく、全身の黒ずみに使用出来るアットベリー。
全身に使えることから、肘や膝、デリケートゾーン(Vライン)に使う女性も多いようです。

 

では、顔にも使うことは出来るのでしょうか。
目元や鼻などでも、黒ずみが出来てしまうことはありますよね。
顔の場合、メラニン色素の沈着よりも皮脂や角質の蓄積が原因のことが多いです。

 

今回は、アットベリーを顔でも使えるのかどうかについて、詳しく解説します。

アットベリーは顔にも使用出来るのか

 

結論から言えば、アットベリーは顔にも使用することができます。
アットベリーの公式サイトでも、上記の様に顔のお手入れにも使えると記載が有ります。

 

特に色素沈着、乾燥が原因の顔のお肌トラブルには、アットベリーは適していると思います。
幾つか具体的にご紹介しますね。

 

目元、目の周りのくすみについて

 

目の周辺の皮膚は、脇と同様に薄くデリケートです。
乾燥もしやすく、刺激にも敏感です。

 

お化粧をする箇所ですので、化粧落としなどの際に摩擦や刺激で色素沈着を起こしやすい箇所なのです。

 

ただ、全てのトラブルが色素沈着などが原因ではありません。
血行不良やたるみなどが、原因であることもあるからです。

 

メラニン色素沈着によるくすみ、目のクマ(茶クマ)
乾燥によるくすみ

 

これに該当する場合には、アットベリーを使ってお手入れも可能です。

 

色素沈着の場合、保湿と美白を行なうことが重要です。
アットベリーの場合、美白成分は医薬部外品としての有効成分が配合されています。
ですので、お手入れに使うことが可能なのです。

 

乾燥対策で大切な保湿成分も、セラミドやコラーゲンなどの潤い成分がきちんと配合されています。
ですから、乾燥によるくすみにも使えますよ。

 

定期購入者が貰えるピーリング石鹸が便利

 

アットベリーを定期購入すると、初回と奇数回数にピーリング石鹸が同封されます。

 

このピーリング石鹸は、顔のくすみに活躍してくれます。
ピーリングで古い角質を除去出来るので、その上でアットベリーを塗れば保湿が出来るからです。
週に1回程度にするのが良いそうです。

まとめ

主に脇の黒ずみの印象が強いアットベリーですが、配合されている成分からも顔に使用することは可能です。

 

医薬部外品ですので、配合されている成分のなかには有効成分も含まれています。
国から一定の作用があると認められていますから、色素沈着や乾燥による顔のお肌トラブルには適しています。

 

もし専用の商品を使うならば、原因に合った成分を配合した商品を選ぶ様にして下さい。
興味がありましたら、是非アットベリーの公式通販をご覧下さい。