脇の黒ずみをとる方法は皮膚科だけ?自宅で出来る黒ずみケアとは

脇の黒ずみをとる方法 皮膚科 

 

脇の黒ずみは女性にとって悩みの種です。
薄着の季節は洋服選びや視線が気になりますし、冬でも友人の結婚式等でドレスを着用することもあります。

 

印象はどうしても良くないので、早く治したいですよね。
早く治したい女性の中には、皮膚科での治療を考える方も多いのではないでしょうか。

 

脇の黒ずみをとる方法として、皮膚科での治療は有効です。
ですが、必ずしも皮膚科がベストな選択肢とは限りません。
デメリットもありますから、自宅でお手入れする方が良いこともあります。

 

この記事では脇の黒ずみをとる方法としての皮膚科の是非、そして自宅で出来る黒ずみのケアについてご紹介します。

皮膚科で行なう脇の黒ずみをとる方法とは

黒ずみの治療を行なう皮膚科ですが、厳密には2種類あります。
普通の皮膚科と、美容皮膚科の2種類です。

 

違いとしては、治療方法の種類に違いがあると言えます。
美容皮膚科の場合、レーザー治療などがあります。
通常の皮膚科だとそれらはできず、塗り薬の処方が殆どです。

 

重症以外は皮膚科で塗り薬を処方してもらう

 

 

 

黒ずみが重症以外は、普通の皮膚科で十分です。
美容皮膚科も選べますが、同じ薬でも治療費が高くなります。

 

脇の黒ずみをとるために皮膚科に行った場合、塗り薬を処方されることが多いです。
具体的にはトレチノインとハイドロキノンという2種類の塗り薬です。
それぞれ役割のザックリと書くと、、、

 

  • トレチノイン:沈着した黒ずみを排出する
  • ハイドロキノン:新しい黒ずみを防ぐ

となります。

 

  1. 化粧水や保湿クリーム
  2. トレチノイン
  3. ハイドロキノン
  4. 日焼け止め

という順番で使います。

 

医療機関でしか処方できない薬で、濃度が濃いので結果もそれだけ期待出来ます。

 

重症なら美容皮膚科での治療

 

 

 

重症の場合は、美容皮膚科での治療の方が良いです。
塗り薬が駄目ではないですが、重症の場合には時間を要します。
薬自体安くありませんし、レーザー等の治療の方が時間も早く、掛かった費用が変わらないという可能性もあります。

 

美容皮膚科で行なうのは、主に二つです。

 

  • レーザー治療:色素沈着
  • ケミカルピーリング:皮脂汚れや角質の蓄積

です。

 

黒ずみの原因に応じて、どちらかで治療をする事が多いです。
塗り薬という選択肢もありますが、同じ量でも美容皮膚科の方が値段が高くなります。
なので、塗り薬を使う場合は皮膚科の方が良いです。

 

レーザー照射は黒ずみの原因のメラニンを直接破壊できます。
なので、他の方法よりも最も短期間で結果を得られるメリットがあります。

皮膚科を選ぶことのデメリットや注意点

 

 

皮膚科で行なう治療法は、どれも効果はかなり期待出来る方法です。
ですが、全ての人に最適な方法とは言えません。
皮膚科での治療には、それなりのデメリットがあるからです。

 

治療費が掛かる

 

高い効果が期待出来る皮膚科の治療でも、1回では終わりません。
レーザーでも数回は通いますし、塗り薬は都度通院して経過観察が必要です。
副作用も強いので、お肌に赤みなども出てしまうことがあるからです。

 

  • 塗り薬:各2,000円前後
  • レーザー治療:10,000円前後
  • ケミカルピーリング:5,000円〜

(この他に初診料なども別途)

 

塗り薬でも保険適用外なので、自費診療です。
これを数回は行なうので、どれでも軽く万は超えることになります。

 

日焼け対策などが必要

 

皮膚科の黒ずみ治療の全てが、ケア後のお肌がダメージを受けやすくなっています。
なので、紫外線から守るための日焼け対策が絶対に欠かせません。
屋内外は関係なく、日焼け防止をする必要があります。

 

治療完了後の予防が欠かせない

 

治療が完了しても、黒ずみは再発する可能性があります。
なので、自宅での予防の為のケアが欠かせません。

 

治ったからと油断せずに、黒ずみを作らない為のスキンケアが必要です。
保湿と美白、抵炎症成分を含んだ物で、スキンケアを行なうと良いです。

 

妊娠中は使えない

 

いずれの方法も、妊娠中の女性には不向きです。

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れで、色素沈着が起こりやすいです。
その意味でも、産後になってから黒ずみ治療をした方が良いです。

自宅で黒ずみを早く薄くしたいなら

ご紹介したように皮膚科の治療は有効ですが、費用や日焼け対策必須などのデメリットもあります。
塗り薬でも、保険適用外なのでそれなりに料金が掛かるのです。

 

重症以外の方は、自宅で黒ずみのケアをする選択肢もあります。
適切な商品を選べば問題ありませんし、費用も抑えられます。

 

市販品について

 

市販品を用いるなら、脇の黒ずみ用のクリームを選ぶと良いです。
数は多くはありませんが、薬局では幾つか販売されています。
美白成分が有効成分(ビタミンC誘導体やプラセンタエキス)を含んでいるのが、ベターです。

 

重曹や豆乳ローションを用いる方法もありますが、悪化させる恐れがあります。
市販品は専用クリームであっても、最低限の成分でしか作られていません。
黒ずみは時間が掛かるのですから、専用の物でお手入れする方が良いです。

 

早く薄くしたいなら通販品が良い

 

出来る限り早く結果が欲しいなら、通販品を使う方が良いです。
有用な成分が多く含まれているので、市販品よりも早く結果を得られやすいです。

 

値段からも明らかですが、市販品は安価な成分で作られています。
商品本来の価格は、かなり安いですからね。

 

通販品は市販品ほどコストが不要なので、有用な成分が多く含まれています。
実際、黒ずみの商品でも市販品とは大きく違いがあります。

 

黒ずみに使える通販クリームなら

 

 

黒ずみに使える通販クリームなら、アットベリーがおすすめです。
アットコスメの中でも、黒ずみ用の通販品では最も評価が高いです。

 

このアットベリーですが、通販品だけに市販品よりも優れた点が多くあります。

 

黒ずみに有用な成分が多く含まれている!

 

黒ずみには、保湿と美白、炎症対策が必要です。
アットベリーにはこの三つの成分が全て含まれているのですが、その量が多いです。
保湿成分は6種類、美白成分も5種類含まれています。
美白成分については、医薬部外品なのでプラセンタエキスとグリチルリチン酸の2種類の有効成分が使用されています。

 

これに加えて、殺菌・消臭成分の桑エキスなども配合されているので、脇のニオイ対策も同時に出来ます。
有用成分が多いので脇の黒ずみはもちろん、脇のトータルケアが可能です。

 

使い方が簡単なので、続けやすい

 

黒ずみは皮膚科でも時間がある程度掛かる、長期戦です。
それゆえ、お手入れが簡単であることも重要です。

 

アットベリーは黒ずみが気になる箇所に、朝晩2回塗るだけでOKですから簡単です。
ベタベタしないので、塗った後に不快感を感じることもありません。
オールインワンなので、1個塗るだけでお手入れが完了します。
忙しい女性でも、これなら続けやすいですよ。

 

皮膚科医推奨で、返金保証も付いている

 

 

 

脇のお手入れに必要な要素を全て満たせており、皮膚科医も推奨した実績があります。
医師が監修、運営するサイトで紹介されています。
また、脱毛サロンのミュゼでも採用されているクリームなんですよ。

 

公式通販からの購入者には、長期の返金保証も付いています。
お肌に合わないだけじゃなく、使って満足できない場合も返金して貰えるので安心ですよね。

 

自宅で脇の黒ずみをとりたい方は、是非アットベリーを使ってみてください。

 

まとめ

脇の黒ずみは重度な場合を除けば、皮膚科に行くことがベストでは無いです。

 

効果は期待出来ますが、自費診療ですし日焼け対策なども行なう必要もあります。
完治後は、再発防止のスキンケアも必要になります。

 

重症以外は自宅でも正しく行なえば、薄くする為のケアは可能です。
市販品でも可能ですが、黒ずみへ有用な成分が多い通販品の方がおすすめです。

 

アットベリーなら黒ずみ含めて脇のトータルケアが出来ます。
保証もついていますから、万一の時も安心です。

 

このサイトでは、私が実際にアットベリーを使ってみた体験談等も載せています。
もし興味があれば、参考にして見てください。

 

脇の黒ずみをとる方法!脇の黒ずみを解消したい方におすすめ!