脇の黒ずみをとる方法!薬局の商品でお手入れすることは可能か?

脇の黒ずみをとる方法 薬局 

 

脇に黒ずみが出来ると、洋服選びや人の視線が気になりますよね。

 

普段隠す箇所ですから、脇が見えていると人は瞬間的に見ています。
ムダ毛もそうですが、黒ずみがあると印象はどうしても良くありません。

 

手軽に始められる黒ずみケアとして、薬局の商品から始める方も多いと思います。
私も脇に黒ずみが出来たときは、最初は薬局で購入出来る商品から始めました。

 

今回はその経験も含めて、脇の黒ずみをとる方法として薬局の商品はありなのかどうかを詳しく紹介します。
これから黒ずみ対策を始める方は、是非参考にして下さい。

脇の黒ずみをとるなら、原因を理解するのが重要!

脇の黒ずみをとりたい場合、先に黒ずみができてしまう原因を知るのが重要です。

 

原因を知ることで、黒ずみをとるために何をすれば良いのかが分かるからです。
つまり、薬局の商品で黒ずみがとれるかどうか、どの商品が良いかの判断も可能になります。

 

ネット上では、あまり黒ずみケアに適していない方法も出回っています。
黒ずみは時間が掛かるので、適した方法を選ばないと時間を無駄にします。
そんな私も幾つか試して、時間を無駄にしました(汗)
ですので、原因を簡単にでも知っておくことをおすすめします。

 

脇に黒ずみが出来てしまう原因とは

 

脇に黒ずみが出来てしまう原因は結構ありますが、集約すると二つに大別できます。
それは、、、、

 

  1. メラニン色素が沈着してしまった
  2. 皮脂の詰まりか、角質が蓄積してしまった

というどちらかになります。
割合で言うと、前者のメラニン色素の沈着の方が多いです。
が、色素沈着が黒ずみの全てではないので注意が必要です。

 

一例を挙げると、肌は刺激を感じたり炎症を起こすと守る働きをします。
それが、メラニン色素の生成です。

 

ある程度の量なら問題ないのですが、この生成量が多いと排出されず残ります。
その結果、沈着をして黒ずみとなるのです。

 

お肌の代謝(以下ターンオーバー)が乱れると、古い角質が剥がれずに留まります。
その結果、角質が蓄積して黒ずんで見えることもあります。

 

色素沈着などを起こす原因は様々!

 

一例を挙げましたが、色素沈着にしても原因は色々あります。

 

ホルモンバランスの乱れや、衣類の摩擦なども原因になります。
集約すればメラニン色素の沈着になりますが、沈着を引き起こす原因は多いのです。
原因の詳細は『脇の黒ずみの原因と、正しい脇の黒ずみのお手入れ方法とは』で詳しく解説しています。

脇の黒ずみをとるためのコツやポイント

黒ずみが出来てしまう原因を理解すると、黒ずみをとるために何をすれば良いのかが明確になります。
お手入れする上でのポイントですが、

 

  • メラニン色素を沈着させない
  • 皮脂を詰まらせない、角質を蓄積させない

ということになります。

 

では具体的にどのようなことをすれば良いのかを、順に説明します。

 

悪い生活習慣は見直す

 

生活習慣が悪いと、ターンオーバーも乱れてしまいます。
そうなると、沈着した黒ずみの排出が遅れたり、古い角質が蓄積してしまいます。

 

もし偏った食生活や、睡眠時間が短い場合には見直すようにしましょう。

 

脇のムダ毛処理の方法を見直す

 

脇の色素沈着の直接的な原因で最も多いのが、このムダ毛処理です。

 

脇は皮膚が薄いのでデリケートです。
刺激に敏感ですし、炎症も起こりやすいので黒ずみも発生しやすいです。

 

自分で処理するのは上手に出来ませんし、肌への負担が大きいです。
特にカミソリや毛抜きを使うのは、控える方が良いです。
毛抜きは埋没毛、脇のブツブツの原因にもなります。

 

黒ずみを作らない、増やさない為には脇脱毛がベストです。
サロン脱毛なら、格安で行なえます。
痛みも少ないですし、今は勧誘も廃止されているのでおすすめです。

 

脇の洗い方に注意する

 

刺激に敏感とはいえ、脇は洗わない訳にはいきません。
洗わないと汗腺が多いので皮脂の詰まりや、ニオイの発生原因になるからです。

 

力を入れず、優しく洗えば問題ありません。
後は洗った後に、黒ずみに合ったスキンケア(後述)を行なえば大丈夫です。

 

黒ずみに合ったスキンケアを行なう

 

黒ずみには黒ずみに合ったスキンケアが必要です。
具体的には、、、

 

  1. 保湿
  2. 美白
  3. 炎症予防

という三つのケアが重要だとされています。

 

中でも美白に関しては、有効成分を配合している物が望ましいです。
有効成分というのは、国が審査を行って一定の作用を認められた成分を言います。
国から認められた成分なので、安心して使えます。
美白の有効成分としては、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどがあります。

脇の黒ずみは薬局の商品でとれるのか

ここからは、本題です。
脇の黒ずみは薬局の商品でもとれるのでしょうか。

 

結論から言えば、商品次第ですがお手入れは可能です。
商品次第というのが、注意点です。

 

市販品は、黒ずみ専用の物を選ぶほうが良い

 

薬局で購入出来る、市販品を使う場合には専用の物を購入するべきです。
黒ずみ用だけに、黒ずみに合った成分が含まれているからです。

 

数は多くはありませんが、薬局に行けば幾つか専用の物が見つかると思います。
選ぶ時には美白成分が有効成分なのかどうかを、見ることをおすすめします。

 

専用以外の市販品を使うのは注意

 

ネット上では、ニベア、重曹、豆乳ローションなどが黒ずみに使えるとされています。
使ってもお肌に問題はありませんが、黒ずみに適しているとは言えません。
逆に重曹の場合は、使い方次第で黒ずみを悪化させる可能性があります。
それとは別に保湿なども必要になるので、手間も掛かります。

早く黒ずみを薄くしたい場合は

脇に限らず、黒ずみは数ヶ月は掛かる長期戦です。
皮膚科で治療をしても、数回は通うことになります。

 

自宅でお手入れする場合、少しでも早く薄くしたいなら市販品よりも通販品を選ぶ方が良いです。

 

通販の商品は、市販品よりも各々の悩みに対する有用な成分が多いからです。
その分、早く結果を得られやすいです。
実際、黒ずみの場合でも市販品と通販品はかなり違いがあります。

 

黒ずみ用の通販クリームについて

 

 

 

黒ずみ用の通販クリームなら、アットベリーがおすすめです。
アットコスメの中で、黒ずみ用の通販品でも最も高い評価を得ています。

 

このアットベリーですが、市販品よりも優れた点が沢山あります。

 

黒ずみへの有用な成分が沢山配合されている!

 

黒ずみ用なので、保湿と美白、抵炎症成分の三つ全てが配合されています。

 

注目するべきなのは、その配合されている種類です。
保湿成分は6種類、美白成分は5種類と豊富です。
美白成分においては、プラセンタエキスとグリチルリチン酸の有効成分2種類が含まれています。

 

使い方も簡単で、脇のトータルケアが出来る!

 

黒ずみは長期戦覚悟なので、使いやすいかも重要です。

 

アットベリーは1日2回塗るだけでOKなので、簡単です。
ベタベタしないので、脇に塗った後の不快感もありません。
オールインワンなので、これ1個で全てのお手入れが完了します。

 

消臭、殺菌効果がある桑エキスも含まれており、同時に脇のニオイ対策も出来ます。
黒ずみはもちろんですが、脇のトータルケアが出来るので便利ですよ。

 

医師やサロンもおすすめで、返金保証付き

 

黒ずみのお手入れに必要な要素(成分、使いやすさ)を満たせています。
そのため、皮膚科医なども脇のケア商品としておすすめしています。

 

 

 

医師が監修、運営するサイトで紹介された実績があるのです。
脱毛サロンのミュゼでも採用されているクリームなんですよ。

 

公式通販ではお肌に合わない場合や結果に満足できない場合に、返金保証が付いています。
保証付きなので、安心して使えますよね。

 

薬局の商品も悪くはありませんが、早く何とかしたいならアットベリーがおすすめです。
保証もあるので、是非一度使ってみてください。

 

まとめ

脇の黒ずみは、正しい方法で行なえば自宅でもお手入れが可能です。

 

薬局の商品、市販品を使う場合は脇の黒ずみ専用のクリームを選ぶべきです。
他の市販品を黒ずみにアレンジ、併用するのは効率が良くありません。

 

また、可能な限り早く黒ずみを薄くしたいなら、有用成分が多い通販品がおすすめです。私は市販品でイマイチだったのですが、アットベリーを試した結果、脇を綺麗にすることができました。
アットベリーなら脇のトータルケアが出来ますし、保証もついていて安心です。

 

このサイトでは、実際にアットベリーを使った体験談も掲載しています。
もし興味がありましたら、下記も参考にしてみてください。

 

脇の黒ずみをとる方法!脇の黒ずみを解消したい方におすすめ!