脇の黒ずみをとる方法!人気があるお手入れ方法をご紹介します!

脇の黒ずみをとる方法で人気なのはこれ 

 

脇に黒ずみがあると、気分が滅入りますよね。
夏は外出するのも億劫ですし、冬場でも結婚式などがあればパーティドレスを着用するので脇が見えてしまいます。

 

脇の黒ずみは出来ても仕方が無い面もあるのですが、やはり印象は良くありません。
また意外と人も見ている箇所ですので、一刻も早く治したいという方が多いと思います。

 

今回は、脇の黒ずみをとる方法で人気の方法をご紹介していきます。
実は大した効果が無い物もありますので、是非参考にして貰えればと思います。

脇に黒ずみが出来る原因を知っておく!

脇の黒ずみのお手入れを始めるなら、原因とお手入れのポイントを最初に理解しておいた方が良いです。

 

原因とお手入れで大事なことを知ることで、正しいお手入れの方法が分かるからです。

 

また、冒頭にも書きましたが、ネット上にはあまり黒ずみのケアに適していない方法も出回っています。
無意味とまでは言いませんが、他に適した方法や注意した方が良い方法もあるのです。

 

なので、原因とお手入れのコツだけは知っておいた方が良いと思います。
興味が無いのであれば、『脇の黒ずみをとる方法、人気の方法をレビュー!』まで進んでください。

 

脇に黒ずみが出来る原因は主に二つ!

 

脇に黒ずみが出来る原因ですが、主に二つあるとされています。

 

メラニン色素が沈着
皮脂、角質の蓄積
の二つです。

 

メラニン色素の沈着が有名で、黒ずみの原因でも一番強調されます。
ですが、皮脂や角質の蓄積も原因の一つであることは知っておいた方が良いです。

 

脇の黒ずみのお手入れのポイント

黒ずみが脇に出来る原因から、お手入れは何をすれば良いのかが分かりますよね。

 

メラニン色素を生成、沈着させない
皮脂や角質を蓄積させない
ということがポイントです。

 

その為に何をするべきなのか、具体的にご紹介すると、、、

 

脇のムダ毛処理は自分でやらない

 

まず、脇のムダ毛処理です。
これは、自分ではやるべきではありません。

 

脇というのはつまめば分かりますが、薄いです。
故に刺激に敏感、炎症も起こしやすくメラニン色素が生成されやすいです。

 

自分でムダ毛を処理する、カミソリや毛抜きは黒ずみを作る可能性が高いです。
ですから、極力自分で処理をするのは、控えるべきだと思います。

 

一番良いのは、脇脱毛です。
高い、痛い印象が強い脱毛ですが、サロン脱毛だと安い上に傷みも少ないです。
かなり安い料金で行なえますし、勧誘も廃止されていますのでおすすめです。

 

脇は優しく洗う

 

黒ずみが出来たから、刺激しないように洗わないと言う方もいるようです。
ですが、皮脂なども黒ずみの一因になりますし、臭いを発することにもなります。

 

優しく洗うならば問題はありませんので、脇も必ず洗うようにしましょう。
力任せにやっても黒ずみは取れませんし、逆に悪化するのでご法度です。

 

洗った後は、保湿などのスキンケアを欠かさず行なうことも忘れずに!

 

黒ずみをとる方法は、スキンケア重視!

 

脇の処理、優しく洗うことは、どちらかと言えば予防のポイントです。
黒ずみをとる、減らしていくという意味ではスキンケアが重要です。

 

脇の黒ずみに対するスキンケアのポイントは、三つです。

 

保湿
美白
炎症対策
の三つです。
どれも全て黒ずみの原因と関係があり、改善に繋がります。

 

保湿は乾燥や刺激の対策に、美白と炎症対策はメラニン色素の生成を抑えるからです。
特に美白を行なう際には、美白の有効成分を含んだ物を使う方が良いです。
(有効成分とは、国の審査を通過して一定の作用を認められた成分を指します)

 

生活習慣のチェックも

 

生活習慣の見直しも必要です。

 

黒ずみや角質を排出するには、お肌の代謝が正常に行なわれないといけません。
これが乱れると角質も剥がれず、黒ずみが出来る可能性があるからです。

 

お肌の代謝、ターンオーバーは生活習慣が悪いと乱れることがあります。
睡眠不足、食生活の乱れはターンオーバーを乱す要因です。
黒ずみのお手入れを始めるなら、生活習慣も見直すようにしましょう。

脇の黒ずみをとる方法、人気の方法をレビュー!

ここからは、本題の脇の黒ずみをとる方法で人気の物を順にレビューしていきます。
黒ずみをとる、減らすという部分においては、スキンケアが重要です。
一つ前のポイントで書いたように、保湿と美白、炎症対策が大事なのです。

 

手持ちのアイテムで、一つずつ行なうことも出来ますが、結構大変です。
特に黒ずみは数日では終わらない、数ヶ月掛かる長期戦です。
ですので、幾つかアイテムを使うことが一般的に推奨されています。

 

ニベア

 

最初にニベアです。
これ、結構有名なので実践した方もいるかもしれません。
保湿アイテムとしてコスパが良いので、持っている方も多いと思います。

 

ニベアは保湿力はありますが、それだけです。
美白成分も、炎症に対する成分もありません。
ですので、黒ずみのお手入れには最適だとは言えないのです。

 

そんな私も最初に挑戦したのですが、散々な結果に終わりました(泣)

 

重曹

 

重曹ですが、これも有名ですよね。
食用に使われるくらいなので、お肌に塗ることも問題はありません。

 

皮脂の汚れは落とせるそうですし、ピーリング効果も若干はあるそうです。
ですが、こちらもニベア同様に最適だとは言えないです。

 

重曹にも種類がありまして、薬用でないと駄目です。
主に販売されているのは掃除用で、研磨力が強めです。
それゆえ、脇に使うと黒ずみを悪化させる可能性が高いです。

 

また、保湿や美白といったことも行なえませんから、重曹で洗った後には別に美白や保湿などのお手入れも必要になります。
この点からも、お手入れに最適だとは言えないでしょう。

 

豆乳ローション

 

次が、豆乳ローションです。

 

先に結論から言うと、これも適しているとは言えないです。
理屈としては抑毛効果があることから、ムダ毛の処理を減らせることになります。
ムダ毛の処理は黒ずみの原因なので、この点で良いというロジックです。

 

が、黒ずみの原因はムダ毛処理だけではありません。
現に私もそうですが、脇脱毛が終わったのに黒ずみが出来る人もいます。

 

脇などは剛毛の方もいますから、そもそも抑毛効果が思ったほどないこともあるそうです。
ですので、こちらも最適だとは言えないです。

 

市販

 

脇の黒ずみをとる為の商品なら、市販の医薬品か医薬部外品(後述)を使うのが良いです。

 

ニベアや重曹、豆乳ローションとは違い、黒ずみ用の物が薬局等で販売されています。
保湿はもちろんですが、美白成分も配合されている物もありますから、黒ずみに使うには適した商品の一つだと思います。

 

但し、市販品は宣伝広告費などが商品代金に含まれています。
つまり、安い成分で大量に作られていることが殆どです。
例えば防腐剤使用などがそうです。

 

通販の場合、直接販売出来る事から市販品よりも有用な成分が配合されていることが多いです。
市販品よりも適していますし、早い効果も期待出来ると思います。

 

黒ずみに有用な通販クリーム(医薬部外品)

 

市販品も良いのですが、自宅でより脇の黒ずみのお手入れを始めるなら通販のクリームの方がオススメです。

 

大量生産される市販品よりも、有用な成分が多く含まれているからです。
そのため、黒ずみのお手入れにも適していますし、脇のブツブツ、臭い対策なども同時に行う事が出来ます。

 

通販クリームでもおすすめなのが、アットベリーです。
見ての通り、黒ずみ用に作られたクリームです。

 

医薬部外品ですので、美白成分には有効成分が配合されています。
具体的にはプラセンタエキス、グリチルリチン酸がそうです。
いずれも国が認可した美白成分ですので、黒ずみのお手入れには適しています。

 

セラミドなどの保湿成分や、抵炎症成分に加えて、桑エキスなどの消臭成分も配合されています。

 

脇だけではなく全身の黒ずみに使えますし、脇のトータルケアが出来るのも市販品にはない特徴です。

 

脇のお手入れに必要な要素を全て満たせており、専門家も推奨している商品です。
黒ずみにお悩みでしたら、是非アットベリーを使ってみてください。

まとめ

脇の黒ずみをとる方法の中で、人気の方法を順にご紹介、レビューしてきました。

 

脇に出来た黒ずみは、正しい方法で行なえば自宅でもお手入れが可能です。
但し、数日では解消しないので長期戦となります。
(即効性が期待出来る、美容皮膚科でも数回は通うことになります)

 

継続しないといけないことからも、黒ずみには適した方法でのお手入れがベストです。
最低でも市販品、出来れば有用成分が多い通販クリームがオススメです。