脇の黒ずみの原因と、正しい脇の黒ずみのお手入れ方法とは

脇 黒ずみ 原因 

 

脇に黒ずみが出来ると気分が滅入りますよね。
洋服選び、周りの視線なども気になる方が多いと思います。

 

脇の黒ずみが厄介なのは、出来やすいのに解消するのに時間が掛かることです。

 

早く治す為にも、脇の黒ずみの原因を知ることは重要です。
原因を知ることで、新たな黒ずみの発生も予防する事が可能になります。

 

この記事では、脇の黒ずみの原因と正しい脇の黒ずみのお手入れ方法についてご紹介します。是非参考にして下さい。

脇に黒ずみが出来る原因とは

脇に黒ずみが出来てしまう原因は、主に二つに分けられます。

 

  1. メラニン色素の沈着
  2. 皮脂汚れの詰まり、角質の蓄積

が主原因とされているのです。

 

メラニン色素の沈着

 

肌が刺激を感じたり、炎症を起こすとメラニン色素が生成されます。

 

日焼けで黒くなるのが良い例です。
あれは、紫外線で肌が炎症を起こすので守るためにメラニン色素が生成されます。
ある程度の量ならば沈着されずに排出されますが、量が多いと沈着します。
日焼け後に黒くなるのは、それが理由です。

 

脇は全身の中でもデリケートな箇所です。
皮膚も薄く刺激に敏感、炎症を起こしやすいのです。
そのため、黒ずみも脇に出来やすくなっています。

 

皮脂汚れの詰まり、角質の蓄積

 

皮脂が毛穴に詰まることや、角質の蓄積も黒ずんで見える原因になります。

 

角質は本来は古くなれば最終的に剥がれ落ちます。
ですが、代謝異常などでこの古い角質が剥がれずに蓄積してしまう事があります。
その結果として、黒ずんで見えてしまうようになるのです。

 

代謝異常以外には、乾燥にも注意が必要です。
水分を守ろうと乾燥をすると、角質が厚化するからです。
これによっても、同様に黒ずんで見える要因となります。

原因から分かる脇の黒ずみのお手入れのポイント

脇に黒ずみが出来る原因を知ることで、お手入れのポイントが分かると思います。

 

メラニン色素を沈着させない(過剰生成を防ぐ)
皮脂を詰まらせず、角質も蓄積させない
ということが、脇の黒ずみのお手入れのポイントです。

 

では具体的にどういうことをすれば良いのか、個別に紹介していきます。

 

脇のムダ毛処理の見直し

 

女性であれば、脇のムダ毛の処理もしていると思います。
もしも自分で行なっているならば、方法含めて見直すほうが良いです。

 

カミソリ、毛抜きなどを用いた方法は、脇への負担が大きいからです。
刺激や炎症を起こすことも多く、黒ずみが出来る可能性が高いです。
自己処理は埋没毛という、別の肌トラブルも引き起こす恐れがあります。

 

できることなら、脇脱毛をやる方が良いです。
サロン脱毛の場合、脇脱毛はキャンペーン価格が適用されることが多いです。
痛みも少なく格安ですから、おすすめです。

 

生活習慣の見直し

 

お肌の代謝異常は、黒ずみ排出が遅くなったり、角質が蓄積する原因となります。
この代謝、ターンオーバーは生活習慣も大きく影響していると言われています。

 

睡眠時間が短いとか、食生活が悪いのであれば見直すべきだと言えます。

 

脇を洗う時は優しく

 

皮脂の詰まりを防ぐ為にも、脇は毎日洗う必要があります。

 

刺激を不安視する方もいるようですが、優しく洗うなら問題はありません。
ニオイを発生させない為にも、洗うことは大切です。

 

洗った後は必ず保湿や美白などのスキンケアを行なうことも忘れずに!

 

黒ずみに必要なスキンケアを行なう

 

黒ずみの解消のためには、黒ずみに必要なスキンケアを行ないましょう。
黒ずみのスキンケアで必要なことは、三つです。

 

  1. 保湿
  2. 美白
  3. 炎症予防

上記三つのスキンケアをやるのが良いとされています。
保湿でお肌を刺激や乾燥から守り、美白と炎症予防でメラニンの生成を抑えます。

 

美白に関しては、有効成分が含まれた物を使うのが良いです。
ビタミンC誘導体や、プラセンタエキスなどです。

脇の黒ずみの解消に役立つアイテムとは

保湿と美白、そして炎症を防ぐことは別々で行なうことも可能です。
ですが、黒ずみのお手入れは長期戦ですから、毎日別々でやるのは正直大変です。

 

継続したお手入れを考えるなら、脇の黒ずみ用の商品を使う方が良いと思います。

 

市販品は脇の黒ずみ用のクリームなどを使う

 

市販品を使う場合、脇の黒ずみ専用のクリームなどを選ぶ方が良いです。
ニベアや重曹なども有名ですが、黒ずみには適していません。

 

それ一つで完結できることからも、専用の方が良いと思います。

 

数は多くはありませんが、市販品でも脇専用のクリームが幾つかあります。
それらを使ってみるという事も可能です。

 

早く薄くしたいなら通販品が良い

 

出来る限り早く黒ずみを薄くしたい場合、通販品を選ぶ方が良いです。
市販品よりも通販品の方が、有用な成分が多く使用されているからです。

 

市販品は商品自体は安価な成分で作られています。
販売価格には、店頭販売までに掛かったコストなどが含まれているのです。
広告宣伝費、問屋などを介することで中間マージン、更に人件費等が掛かります。

 

通販品の場合、直接販売出来るので有用な成分が多く含むことが可能です。
そのため、市販品を使うよりも早く結果を得ることが期待出来るのです。

 

アットベリー

 

 

 

脇の黒ずみ用の通販品なら、アットベリーがおすすめです。
脇の黒ずみ用の医薬部外品ですので、脇のお手入れを効率よく行なえます。

 

黒ずみに必要なお手入れが可能

 

アットベリーは保湿と美白、更に抵炎症成分の三つ全てが配合されています。

 

医薬部外品ですので、美白成分にはプラセンタエキスなどの有効成分が含まれています。有効成分とは、国から審査を受けて一定の作用を認められた成分のことです。
国から認められた成分ですから、安心して使えますよね。

 

これ以外にも桑エキスなどの消臭成分もあり、ニオイ対策も出来ます。
市販ヒントは違って黒ずみはもちろん、脇のトータルケアを行なえます。

 

使い方も簡単

 

黒ずみのお手入れは長期戦ですので、使い方も重要です。
面倒だと、続けるのが億劫ですからね。

 

アットベリーは黒ずみが気になる箇所に1日2回塗るだけです。
オールインワンタイプなので、これ以外に何もする必要はありません。

 

ベタつきも少ないので、塗った後の不快感もありません。

 

保証もついていて安心

 

 

 

脇の黒ずみのお手入れに必要な成分と、使い方が簡単なので専門家も紹介した実績があります。

 

医師が監修、投稿するサイトでアットベリーが紹介されているのです。
脱毛サロンのミュゼでも採用されているジェルなので、実績もあります。

 

公式通販からの購入者には、返金保証もついています。
市販品と違って、万一の時も安心できると思います。

 

脇の黒ずみの解消をしたい方は、是非アットベリーを使ってみては如何でしょうか。

まとめ

脇の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着か、皮脂や角質の蓄積です。
これらを防ぎつつ、黒ずみを解消していくためには保湿と美白、更に抵炎症成分を用いたスキンケアを行う事が大事です。

 

専用のクリームなら市販品でも可能ですが、しっかり黒ずみの対策を行なうなら有用な成分が多い通販品の方が良いと思います。

 

私自身も色々挑戦しましたが、アットベリーで満足できる状態になりました。
体験談も掲載しているので、興味があれば下記もご覧になってみてください。