脇の黒ずみを消したい!皮膚科での治療内容や注意点とは

脇の黒ずみを消したい 皮膚科 

 

脇に黒ずみがある状態だと、人の視線が気になりますよね。
薄着の季節になると特に目立つので、早く消したいという女性も多くなります。

 

黒ずみを消す場合の選択肢として人気なのが、皮膚科の治療です。
病院での治療ですから、黒ずみに対しては最も効果があると言えます。

 

ただ具体的に黒ずみに対して皮膚科でどのようなことをするのか、ご存じない方が多いと思います。
また皮膚科は有効な選択肢ですが、全ての人にとって最適とは限りません。

 

この記事では脇の黒ずみを消したい女性へ、皮膚科の治療内容や注意点についてご紹介していきます。
是非参考にしてみてください。

脇の黒ずみを消したいなら、原因理解が先!

 

 

脇の黒ずみを消したい場合、まず原因理解が先です。
黒ずみの原因を知ることで、消すために何をするべきかが分かるからです。

 

後ほど紹介しますが、皮膚科での治療内容も黒ずみの原因によって異なります。
予防にも繋がることですから、黒ずみの原因は簡単にでも押さえておく必要があるのです。
既にご存知という場合は本題の「皮膚科での脇の黒ずみの治療と注意点とは」へお進みください。

 

脇の黒ずみの原因は主に2種類!

 

脇に黒ずみが生じる原因ですが、主に2種類あります。
細かく見ると幾つかある(後述)のですが、大別すると2つに分類されます。

 

  1. メラニン色素が沈着
  2. 汚れの毛穴詰まり

この2種類です。
脇に黒ずみがある場合、このいずれかが原因である可能性が濃厚です。
脇の場合だと割合で言えば、前者の方が多くなります。

 

メラニン色素の沈着に関して

 

肌には守る働きというのが、本来備わっています。
外部からの刺激を感じたり、肌が炎症を起こすことでメラニンが生成されるのもそれです。
日焼けがまさにそうですが、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が生成されるのです。

 

ある程度の量ならば、肌の活動(以後ターンオーバー)で体外へ垢などと共に出されます。
ただこの生成量が多いと出し切れず、肌に残ることで黒ずみとなるのです。

 

皮膚が薄くデリケートな脇は、刺激に敏感なのでメラニンが生成されやすいです。
それに脇のムダ毛処理もありますし、日々衣類の摩擦を受けており黒ずみができやすいのです。

 

汚れの毛穴詰まりについて

 

黒ずみは全て色素沈着と思われがちですが、毛穴への汚れが詰まるのも黒ずみの一因です。

 

脇はご存知の通り、汗腺と呼ばれる物が多いです。
乾燥などによって皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に汚れが詰まりやすくなります。
それらが酸化すると黒く変色します。
それによって脇が黒ずみに見えてしまうようになります。

 

脇の黒ずみを作る直接的な引き金は、他にもあります。
毛穴の詰まりについて言えば、制汗剤の使用などもそうです。
原因の詳細については下記でご紹介しています。
参考記事:脇の黒ずみの原因と、正しい脇の黒ずみのお手入れ方法とは

脇の黒ずみを消すためのポイントとは

 

 

脇の黒ずみを消すには、ポイントがあります。
簡単に言えば、黒ずみが出来た原因を解消すれば良いのです。

 

  • 色素沈着への対策
  • 毛穴詰まりへの対策

ということが、黒ずみ対策としてのポイントです。

 

では具体的にどういうことをやれば、上記の2つを満たせるのでしょうか。

 

大事なこと、やるべきことは幾つかあります。
中でも肌へ直接行うという意味からも、スキンケアが最重要です。

 

スキンケア以外でも大事なこと、見直すべきことはあります。
それらについては下記で紹介しているので、参考にしてください。
参考記事:脇の黒ずみの自宅ケアはこれで万全!解消の為に必要な5つのポイント

 

黒ずみ対策として必要なスキンケアを行う

 

スキンケアの基本は、症状毎に適したスキンケアをすることです。
つまり黒ずみの場合も、黒ずみ対策として必要なスキンケアが必要です。
具体的には3種類の成分を使うことが良いとされています。

 

  1. 保湿成分
  2. 美白成分
  3. 抗炎症成分

という3つです。

 

注意したいのが、美白に関しては有効成分を含んでいる物を使うと言うことです。

 

有効成分というのは、国が審査を行って一定の効能を認めた成分の事を言います。
美白の有効成分の場合、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐという物があります。
メラニンは先に説明したように、黒ずみの原因の一因です。
なので、美白に関しては有効成分を使用することが望ましいのです。

皮膚科での脇の黒ずみの治療と注意点とは

脇の黒ずみを消したい!皮膚科での治療内容や注意点とは 

 

黒ずみの原因、そしてお手入れのポイントを押さえたところで本題です。
脇の黒ずみを消すための皮膚科の治療は、具体的にどういうことをするのでしょうか。

 

皮膚科と言っても、実は2種類に分類されます。
その2種類というのは、一般的な皮膚科と美容皮膚科です。
症状の度合いなどによって、どちらを選ぶべきなのかが変わります。

 

重症以外は普通の皮膚科で治療が可能

 

重症な黒ずみ以外は、普通の皮膚科でも治療が可能です。

 

一般的に、通常の皮膚科での黒ずみ治療では塗り薬が処方されます。
ハイドロキノン、トレチノインという2種類の薬を用いることが多いです。

 

  • ハイドロキノン:美白
  • トレチノイン:ターンオーバーの促進

というように、それぞれ違った役割があります。

 

重症な黒ずみには美容皮膚科の治療が良い

 

重症な場合は、美容皮膚科での治療を選択することになります。

 

美容皮膚科では塗り薬以外に、2通りの治療方法があります。
それは、レーザー照射かケミカルピーリングの2種類です。

 

  • レーザー照射:色素沈着
  • ケミカルピーリング:毛穴詰まり

という様に、黒ずみの原因によってどちらを行うかが変わります。
皮膚科の治療内容の詳細については、脇の黒ずみを皮膚科で治す!具体的な方法と注意点についてを参考にして下さい。

 

皮膚科の注意点やデメリットについて

 

脇の黒ずみを消したい!皮膚科での治療内容や注意点とは 

 

皮膚科での治療に関してですが、病院だけに有効です。
塗り薬でも市販品などとは成分の濃度も違いますから、結果も異なります。

 

ですが、必ずしも脇の黒ずみには皮膚科が最適とは限りません。
なぜなら、皮膚科の黒ずみ治療には欠点があるからです。

 

治療費が高額であること

 

皮膚科の治療は有効ですが、それでも1回で終わることはないです。
メラニンを直接破壊するレーザー照射も、数回は通うことになります。
1回の相場が1万円なので、複数回で数万円を要することになります。

 

塗り薬についても、実は保険適用外です。
なので普通の皮膚科の場合も、黒ずみ用の塗り薬では全額自費です。
レーザー照射ほど掛かりませんが、塗り薬はそれぞれ数千円します。
そこに診察費なども加わるので、塗り薬でもそれなりの治療費が掛かるのです。

 

治療後の日焼け対策などが必要

 

皮膚科の治療後は、ダメージを受けやすくなっています。
なので、日焼け対策など肌を守るためのケアは念入りに行うようになります。

 

室内外問わず、日焼け対策は必須です。
お手入れが面倒に感じる性格の場合、皮膚科の治療はアフターケアがかなり大変です。

 

完治した後は予防のためのケアが必要

 

最後が完治した後の予防です。

 

黒ずみは完治しても、原因に該当すれば再発します。
皮膚科の高額な治療を終えた後は、再発させないための予防も必要になります。

 

皮膚科に行ったからもう大丈夫とはならなくて、結局自宅での対策は必要になるのです。

自宅で出来る脇の黒ずみ対策とは

 

 

上述したように、皮膚科の治療には相応のデメリットがあります。
費用も考えると、誰もが選べる選択肢とは言えませんよね。

 

重症の場合は皮膚科が最善ですが、それ以外は自宅で対策が可能です。
費用を抑えられる意味からも重症以外の場合は、自宅での対策もありです。
黒ずみ専用の商品を使えば、自分でも対策をすることが可能です。
その際には、「脇の黒ずみを消すためのポイントとは」で紹介した様なスキンケアが重要です。

 

市販の美白クリームは脇専用を選ぶ

 

薬局、ドラッグストアでは黒ずみ用の美白クリームが販売されています。
大丈夫だと思いますが、念のため美白については有効成分が含まれているのかを見ておくと良いです。

 

また、出来れば市販品なら脇専用タイプのクリームを選んだ方が良いです。
市販品は安価な成分で作られており、脇には合わない可能性があるからです。

 

また専用品以外の市販品を、黒ずみ対策に活用するのもNGです。
元々黒ずみ用じゃない時点で微妙ですし、物によっては黒ずみを悪化させる可能性もあるからです。

 

市販品は値段もそこまでしませんから、脇専用の美白クリームを選ぶ方が良いと思います。

 

万全な黒ずみ対策をしたいなら通販品を選ぶべき

 

黒ずみに対して万全な対策をやりたいなら、通販品を選ぶ方が良いです。
理由としては黒ずみ対策に有用な成分が多いので、市販品よりしっかり対策が出来るからです。

 

市販品が全くダメという訳ではないです。
黒ずみ用ならば、必要な対策は出来ます。

 

ですが、値段からも明らかですけど限られた成分で作られています。
なので市販品は対策に使えるけど、必要最低限の事しかできないのです。

 

一般的に通販の場合、市販ほどコストは掛からないです。
価格に関する縛りもそこまでないので、対策に対して良い成分を多く使えます。

 

今回の黒ずみの場合も、市販と通販のクリームではかなりの違いがある現状です。

 

黒ずみ用の通販クリームなら

 

 

 

黒ずみ用の通販クリームで人気なのが、アットベリーです。
アットコスメの中でも、黒ずみ用の通販品では最上位の評価を得ています。

 

このアットベリーは市販品よりいくつも優れた点を持っています。

 

黒ずみの対策に有用な成分が多い

 

黒ずみ用ですから、スキンケアで必要な3種類の成分は全て配合されています。
市販品と違ってくるのは、その成分の種類や量です。

 

アットベリーの場合だと保湿成分に6種類、美白成分と植物成分が5種類ずつ配合されています。
このうち、美白成分については2種類が有効成分を含んでいます。

 

この様に市販品とは対策に対する有用な成分が違うので、アットベリーの方が万全な対策が出来ます。

 

簡単な使用方法で、脇の臭い対策も出来る

 

短期間で解消できない黒ずみは、使い方も重要になります。

 

アットベリーの場合、1日に2回塗るだけでよいので非常に簡単です。
オールインワンなので、1度で3つのケアが全て完了するので楽です。
ベタベタもないので、塗った後の不快感もありません。

 

桑エキスも含まれており、脇の臭い対策が同時に出来ます。
黒ずみに加えて臭い対策も出来る、脇全般の対策が出来るのも通販品のメリットです。

 

返金保証付きだから安心

 

評判が良いものや実績が有る物が、必ずしも合うとは限らないです。
個人差もこの手の場合には、少なからずあります。

 

アットベリーの場合は、公式通販の購入者には返金保証が付いています。
もし肌に合わないとか、使って満足できないなら保証が受けられるので安心です。

 

 

 

私も実際にアットベリーで黒ずみ対策を行いました。
口コミを見て市販品から変更しましたが、楽に黒ずみ対策が出来ました。

 

アットベリーは脱毛サロンでも採用されているクリームです。
保証期間も180日間と長いので、自宅での黒ずみ対策にはおすすめです。

 

アットベリーの公式通販はこちら!

 

まとめ

脇の黒ずみを消したい場合には、皮膚科の治療は有効です。

 

塗り薬でも濃度は濃いですし、レーザー照射なら重症な黒ずみでも治療が可能です。

 

ですが、治療費が高額になるなど相応のデメリットがあるのも事実です。
なので、重症な黒ずみ以外は自宅で自分で対策するという選択肢もありです。
その場合には保湿と美白、そして消炎という3つのケアが必要です。

 

市販品も販売されていますが、万全な黒ずみ対策には通販品が良いです。
黒ずみ対策に対して有用な成分が多いので、市販品よりも対策に優れています。

 

アットベリーは通販品の中でも評判が良い黒ずみクリームです。
美白の有効成分は2種類配合されており、保証期間も180日間と長期です。

 

脇の黒ずみ対策を自宅で始めるなら、是非アットベリーを使ってみてください。

 

アットベリーの公式通販はこちら!