脇の黒ずみを皮膚科で治す!具体的な方法と注意点について

脇の黒ずみ 皮膚科 

 

脇の黒ずみを早く何とかしたい場合、皮膚科での治療を受けるという選択肢があります。
重症な場合も、自分でお手入れをするよりも皮膚科に行く方が良いです。

 

自分でお手入れをするよりも、当然ですが効果は期待出来ます。
ですが、その分欠点などもあります。

 

この記事では、脇の黒ずみを皮膚科で治す場合の具体的な方法と注意点をご紹介します。
皮膚科での治療を考えている方は、参考にしてみてください。

脇の黒ずみと皮膚科の種類について

脇の黒ずみは、皮膚科で治療を受ける事が出来ます。

 

但し、皮膚科と一口に言っても実は2種類あります。
脇の黒ずみの状態や個人の状況で、どちらかを選ぶことになります。
具体的に言えば、普通の皮膚科と美容皮膚科の2種類です。

 

重症以外の黒ずみは皮膚科で十分

 

美容皮膚科の方が治療の方法、選択肢が多いです。
ですが全額自己負担になるので、重症以外は皮膚科で十分だと思います。

 

通常の皮膚科の場合には、塗り薬を処方されることが多いです。
ハイドロキノン、トレチノインという塗り薬の処方が有名です。
簡単に作用を説明しておくと、、、

 

  • ハイドロキノン:美白作用
  • トレチノイン:角質の除去、ターンオーバー促進

となっています。

 

病院での処方薬なので、濃度が濃いので市販の医薬品よりも期待出来ます。

 

使い方も塗り薬の場合は、比較的簡単です。
入浴後の綺麗な状態のときに、黒ずみの箇所に塗ります。

 

  1. 化粧水や乳液
  2. トレチノイン
  3. ハイドロキノン
  4. (出来れば)日焼け止め

という順番でお手入れをすることになります。

 

重症なケースは、美容皮膚科が良い

 

黒ずみの濃さが凄い、重症な場合は美容皮膚科の方が良いです。
治療の選択肢が多いこともあり、状態に応じた治療法を選択できるからです。
美容皮膚科の場合は塗り薬に加えて、、、

 

ケミカルピーリング
レーザー治療
という3つの方法から、治療を行う事が多いです。
2つの方法の違いですが、、、

 

  • ケミカルピーリング:毛穴への皮脂詰まり
  • レーザー治療:メラニン色素の沈着

という感じです。

皮膚科で治療を行なう場合のデメリット

皮膚科の治療は有効ですが、デメリットもあります。
ですから、脇の黒ずみは全て皮膚科に行くべきと言う訳ではありません。
デメリットも踏まえて、皮膚科に行くかを判断するべきです。

 

費用がそれなりに掛かる!

 

皮膚科に通うことは、当然ですが料金が掛かります。
通常の皮膚科でも3割負担、美容皮膚科の場合は全額自己負担となる事も多いです。
3割負担でも、市販よりは高いです。

 

また皮膚科に通う場合も、黒ずみの治療には相応の時間が掛かります。
美容皮膚科でも数ヶ月は通うことになります。

 

1回ごとの治療費が高い上に、数ヶ月掛かるのでトータルの料金もそれなりになります。
重症の場合、他に選択肢が無いので仕方が無いですが。

 

治療後のケアは入念に

 

皮膚科での治療を行なう場合は、治療後のケアは入念にやる必要があります。

 

一番手軽な塗り薬でも、濃度が濃くて効果が期待出来る分、肌への負担が大きいです。
酸化しやすい薬なので、塗った後は日焼け止めなどの紫外線対策も不可欠です。
塗り薬でもこれなので、レーザーやケミカルピーリングなら言うまでもありません。

 

病院選びはしっかりと!

 

皮膚科は塗り薬が主ですからまだしも、美容皮膚科を選ぶ場合には病院選びも重要です。

 

時折、美容皮膚科関連のトラブルが報道されますよね。
ですから、病院は事前にしっかりと調べて選ぶのが良いと思います。

 

黒ずみの治療に関する実績や症例を掲載している病院が良いと思います。

自宅でのお手入れも欠かせない

皮膚科に行けば全てOKと思うかもしれませんが、そうではないです。
皮膚科の治療は、あくまでも今ある黒ずみを薄くする、治すことに重点が置かれています。

 

治療が完了した後は、自宅でのお手入れは欠かせません。
保湿などの必要なスキンケアを怠れば、再発する可能性もあります。

 

重症以外なら、自宅でのお手入れも可能

 

皮膚科をご紹介しましたが、重症以外なら脇の黒ずみは自宅でもお手入れ可能です。
治療に掛かる費用を考えれば、自宅でお手入れをした方が安いです。

 

再発防止のために、自宅でのお手入れはどちらにしろ必要です。
ですから、皮膚科に行かず自宅でお手入れを始めるという選択肢もあります。

 

市販品は専用の商品を選ぶ

 

市販品については、色々な方法が散乱しています。
当サイトでも紹介していますが、市販品なら専用の商品を選ぶ方が良いです。

 

脇の黒ずみ専用の商品は多くはありませんが、幾つか出ています。
値段もそんなにしませんから、重曹や豆乳ローションを使うよりも購入したほうが良いと思います。

 

早く結果を求めるなら通販品が断然よい

 

早く結果を求めるなら、市販品よりも通販品が断然良いです。

 

値段が安い市販品は、安価な成分で量も最低限で作られています。
通販品は販売までの余計なコストが少ない分、有用な成分が多く含まれています。
その分、市販品よりも早く結果を期待出来るのです。

 

脇の黒ずみ用のクリームならアットベリーがおすすめ

 

 

 

脇の黒ずみ用のクリームなら、アットベリーがおすすめです。
専用だけに必要なお手入れが出来ることと、市販品よりも優れた点が多いからです。

 

黒ずみに必要なスキンケア成分が全て含まれている

 

黒ずみの解消には、保湿と美白、抵炎症成分が必要です。

 

アットベリーには、この3つの成分が全て配合されています。
特に美白成分は、医薬部外品なので有効成分が配合されているのです。

 

有効成分とは国の審査を通過し、一定の効能を認められた成分のことです。
黒ずみに使う成分としては安心して使えますよね。

 

通販品なので有用成分も多く、桑エキスなどの消臭成分も使われています。
黒ずみはもちろんですが、ニオイ対策なども同時に行なえます。

 

使い方も簡単!

 

皮膚科でも数ヶ月掛かるほど、脇の黒ずみは長期戦です。
使い方も簡単であることが求められます。

 

アットベリーは黒ずみが気になる箇所に塗るだけですので、簡単です。
ベタ付きも少なく、不快感もありませんから忙しい女性でも続けやすいです。
オールインワンですから、これ1個で完了するので楽ですよ。

 

医師推奨で、保証付きだから安心

 

 

 

アットベリーは黒ずみのお手入れに必要な要素を全て満たせています。
そのため、上記の様に皮膚科医も推奨した実績があります。
脱毛サロンのミュゼでも、採用されているクリームです。

 

初回購入者には返金保証付きなので、安心して使えます。
この点も市販品との違いですよね。

 

私も脇に黒ずみが出来た時に、アットベリーで満足できる状態になりました。
脇の黒ずみにお悩みでしたら、是非アットベリーを使ってみてください。

まとめ

脇の黒ずみは皮膚科で治療が出来ますが、料金やアフターケアが大変というデメリットもあります。

 

治療完了後は再発防止として、自宅でのケアも不可欠です。
なので、重症以外は皮膚科ではなく自宅でお手入れをすることもありです。
料金も皮膚科よりも安いですし、同時に予防も出来ますからね。

 

ちゃんと黒ずみのケアをしたいなら、有用な成分が多い通販品がおすすめです。

 

このサイトでは実際に使ってみた体験談も紹介しています。
もし興味がありましたら、下記の記事も参考にしてみてください。

 

脇の黒ずみをとる方法!脇の黒ずみを解消したい方におすすめ!