脇の黒ずみはレモンで解消できるのか、調べてみた結果が!

脇の黒ずみ レモン 

 

脇の黒ずみに有効だという方法は、色々な物があります。
このサイトでも既に幾つも紹介していますが、正直適していない方法も多いです。

 

レモンを用いるという方法も、割と有名な方法です。
自宅にレモンがあれば、手軽に始められますよね。

 

この記事では、レモンで脇の黒ずみは解消出来るのかを詳しく解説します。
是非始める前に、参考にして下さい。

最初に脇の黒ずみの原因を知ることが重要

レモンが脇の黒ずみに使えるのかの判断をするには、脇の黒ずみの原因を知ることがまず重要です。

 

原因を知れば、解消のために何をするべきなのかが分かるからです。
つまり、レモンを使うことが有りか無しかも判断ができます。

 

脇に黒ずみができる原因とは

 

  1. メラニン色素の沈着
  2. 皮脂の汚れや角質の蓄積

脇に黒ずみが出来てしまう原因は、主にこの二つです。

 

脇の場合、前者のメラニン色素の沈着のケースが多いとされています。
ムダ毛処理もそうですが、衣類なども摩擦なども受けやすい箇所だからです。

 

今回の場合、脇の黒ずみが出来る原因が二つあること、そしてメラニン色素の沈着のケースの方が多いことを知っておけば十分です。

 

もし原因の詳細を知りたい場合、『脇の黒ずみの原因と、正しい脇の黒ずみのお手入れ方法とは』で詳しく解説してあります。

原因から分かる脇の黒ずみ解消のポイント

原因を知ることによって、何をすれば良いのかは明確ですよね。
簡単に言えば、原因に該当するような事をしなければ良いのです。

 

  • メラニン色素を沈着させない
  • 皮脂の汚れや角質を蓄積させない

ということをすれば良いのです。

 

では、具体的にどういうことを行なえばよいのでしょうか。
順番にご紹介していきます。

 

生活習慣を見直し、改善をする

 

ターンオーバーは沈着した黒ずみの排出、角質の蓄積に関係があります。
これが異常を起こすと、沈着した黒ずみの解消が遅れたり、古い角質が剥がれずに蓄積してしまうからです。

 

このターンオーバーは、生活習慣も影響があるそうです。

 

食生活が偏っていたり、睡眠時間が短い場合は見直しましょう。

 

脇のムダ毛処理の方法を見直す

 

メラニン色素の沈着の主原因が、このムダ毛処理です。
女性なら脇のムダ毛処理を行なうことも多いと思います。

 

この処理を自分で行なうと、脇に負担を掛けてしまい黒ずみが出来る可能性が高いです。

 

カミソリ、毛抜きなどを用いてやることは控える方が良いです。
特に毛抜きは埋没毛を作り、脇のブツブツという悩みも作る可能性があります。

 

出来ることなら、脇脱毛を行なう方が良いです。
サロン脱毛なら痛みも少なく、値段も安いのでおすすめです。

 

脇の洗い方に気をつける

 

摩擦もメラニン色素の生成理由になるので、ゴシゴシ洗うのはご法度です。

 

皮脂汚れは落とさないといけませんから、優しく洗えば問題ありません。
力任せにやれば落ちると思う方もいるようですが、逆効果です。

 

洗った後の脇には、保湿なども行なう事(後述)を忘れずに!

 

黒ずみに適したスキンケアを行なう

 

最後が、黒ずみに適したスキンケアを行なうことです。
黒ずみの場合は、三つのことを特に行なうのが重要だとされています。

 

  1. 保湿
  2. 美白
  3. 炎症を防ぐ

というのが、その三つです。

 

保湿は刺激や乾燥を防ぎ、ターンオーバーを正常に促します。
美白と炎症は、メラニンの生成を抑えることが可能だからです。

 

このとき、美白成分に関しては有効成分を用いる事が重要です。
有効成分とは、国から美白に関して一定の作用を認められた成分を言います。
ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどを言います。

レモンで脇の黒ずみを解消出来るのか

では、脇の黒ずみにはレモンは使えるのでしょうか。

 

結論から言えば、レモンは脇の黒ずみに適しているとは言えないです。

 

そもそもどうしてレモンが方法の一つとして出てくるのでしょうか。
適していない理由も含めて、理由を説明します。

 

クエン酸が含まれているから

 

最初がクエン酸です。
クエン酸(酸性)でピーリングを行い、古い角質を落とす事が期待出来るとされています。
具体的な方法ですが、、、

 

  • クエン酸(食用):3g
  • 水:30ml

これらを混ぜて、気になる箇所に塗って約5分程度おいてから流すという方法です。

 

この方法は、お肌への負担が懸念されます。

 

重曹と同様で、クエン酸も元々は食用です。
お肌に使えますが、それを目的に作られていません。
摩擦などのダメージも掛かりますから、メラニン色素が生成される可能性もあります。

 

また、ピーリングだけではスキンケアも不十分です。
保湿なども行なわないといけませんから、レモンだけでは完結しません。

 

ビタミンCを含んでいるから

 

ビタミンCの美容効果云々という記事がありますが、レモンを塗る場合のビタミンCの効果は無効です。
レモンを塗っても、ビタミンCは肌に浸透しないからです。

 

お肌に浸透しないからこそ、ビタミンC誘導体という人工の成分が作られたのです。

 

また、レモンにはソラレンという成分を含んでいます。
これは、紫外線の吸収を促す成分ですので、メラニンの生成を促してしまいます。

 

総じて言えば、レモンは黒ずみのケアに使うのには適していないのです。

レモンよりも最適な黒ずみ解消アイテムとは

 

レモンを使ってスキンケアを行なうなら、脇の黒ずみ専用の商品を使う方が良いです。
黒ずみ専用だけに、必要な成分は含まれているのでお手入れに適しているからです。

 

選択肢としては市販品と、通販品があります。

 

市販品は専用の商品を選ぶ

 

数は多くありませんが、市販品の中にも脇の黒ずみ用の商品があります。
黒ずみに必要な成分は含まれていますので、それでスキンケアを行なうことは可能です。

 

先の重曹もそうですが、豆乳ローションなど黒ずみ専用品以外は選ばない方が良いです。

 

早く薄くしたいなら通販品の方がおすすめ

 

出来る限り早く黒ずみを薄くしたいなら、市販品よりも通販品が良いです。

 

市販品は、価格に広告費や店頭に並ぶまでに掛かった仕入れコストなども含んでいます。
つまり商品自体は安価な成分で、最低限の量で作られていることが多いのです。

 

通販品は直販が可能なこともあり、市販品よりも有能な成分が含まれています。
ですから、同じ黒ずみ用でも通販品の方が早く結果を得られやすいです。

 

脇の黒ずみならアットベリー

 

 

 

脇の黒ずみに悩む女性から人気があるのが、アットベリーです。
アットコスメの中でも、黒ずみ用の通販品では一番評価が高い(調査時)です。
どのような点が優れているのかと言うと、、、

 

脇のトータルケアが可能

 

アットベリーには、脇の黒ずみに必要な成分が使用されています。

 

医薬部外品なので、美白成分にはプラセンタエキスなどの有効成分が配合されています。
保湿成分、抵炎症成分もちゃんと配合されています。

 

通販品なので、これ以外にも桑エキスなどの消臭成分も含まれています。
これにより脇のニオイ対策など、脇のトータルケアが可能です。

 

使い方が簡単

 

黒ずみは長期戦ですので、使い方が簡単かどうかも重要です。

 

アットベリーの場合、黒ずみが気になる箇所に朝晩2回塗るだけでOKです。
オールインワンタイプですから、これ1つでお手入れが完了しますよ。

 

ベタつきもないので、塗った後の不快感もありません。
朝は忙しい働く女性でも、これなら続けやすいと思います。

 

医師も推奨していて保証付き

 

 

 

脇の黒ずみのお手入れに必要な要素を満たせているので、専門家も推奨しています。
医師が監修、執筆しているサイトで紹介された実績があります。
また、脱毛サロンのミュゼでも採用されています。

 

お肌に合わない、満足できない結果だった場合に返金保証も付いています。
公式通販からの初回購入者限定ですが、これなら安心ですよね。

 

私も市販品からアットベリーに挑戦しまして、良い結果を得られました。
出来る限り早く黒ずみを薄くしたい方は、是非アットベリーを使ってみてください。

まとめ

脇の黒ずみのスキンケアでは保湿と美白、そして炎症を抑えることが必要です。

 

レモンだけでは角質は落とせても、保湿などは別途必要になります。
また、お肌へ負担を掛けるのでメラニンが生成される可能性もあります。

 

黒ずみのお手入れには、レモンよりも市販品か通販品を使う方が良いと言えます。
自宅で早く結果を得たい場合は、有能な成分が多い通販品の方がおすすめです。