脇の黒ずみをとる方法として、豆乳ローションに効果はあるのか?

脇の黒ずみをとる方法 豆乳ローション 

 

当サイトでも幾つかご紹介しているように、脇の黒ずみをとる方法というのは色々とあります。

 

中には有効だと思えるものもありますが、意外と意味が無い物やそれだけでは不十分だと言える方法もあります。

 

豆乳ローションと言うのも、黒ずみのアイテムとしてよく取り上げられている物です。
この記事では、豆乳ローションが脇の黒ずみをとる方法として有りなのか、効果はあるのかどうかについてご紹介していきます。

まずは脇の黒ずみの原因から

豆乳ローションの黒ずみへの効果の有無の前に、まずは黒ずみの原因とお手入れのポイントを抑えておきましょう。

 

原因とお手入れで大事なポイントを理解することにより、豆乳ローションを用いることが良いのかどうかが、判断出来るからです。
新しい黒ずみを作らない、予防の意味でも大事ですからね。

 

脇に黒ずみが出来てしまう原因とは

 

脇に黒ずみが出来る原因ですが、主に二つあるとされています。

 

メラニン色素が沈着した
皮脂汚れの詰まり、角質の蓄積
がそうです。

 

メラニン色素の沈着

 

お肌は刺激や炎症から守る働きを備えています。
この一つが、メラニン色素です。

 

分かりやすい例だと、日焼けがそうです。
紫外線を浴びると肌が炎症を起こすので、メラニン色素が生成されます。
これが日傘の様な役割を果たしているのです。

 

生成されたメラニン色素ですが、お肌の代謝(以下ターンオーバー)で排出されます。
が、量が多いと排出しきれずにお肌に沈着して黒ずみになるのです。

 

脇の黒ずみの場合、脇のムダ毛処理に問題があることが大半だそうです。
毛抜き、カミソリで処理するのは黒ずみを作る可能性が高いので、控えましょう。

 

尚、脇脱毛をしても黒ずみが出来ることもあります。
脇は箇所的に刺激を感じやすいですし、後者の角質などが原因のこともあるからです。

 

皮脂汚れの詰まり、角質の蓄積

 

メラニン色素の沈着だけが原因として強調されますが、皮脂や角質が蓄積することも黒ずみの原因です。

 

角質の蓄積は、ターンオーバーが乱れたり乾燥することで起こります。
ターンオーバーで古い角質は剥がれるのですが、何かしらでターンオーバーが乱れると角質が剥がれなくなるのです。
また乾燥すると水分を守ろうと、角質が厚くなるので肌が黒ずんで見えるのです。

黒ずみをとるためのポイント

脇の黒ずみの原因から、治すために何をすれば良いのかが分かりますよね。
具体的には、、、

 

メラニン色素を沈着を防ぐ
皮脂や角質の角質を防ぐ
というのが、お手入れのポイントだと言えます。

 

では、具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか。
順番にご紹介します。

 

脇のムダ毛は自分で処理しない!

 

まず、脇のムダ毛の処理を自分で行なわないことです。
脇に黒ずみが出来る女性の多くは、ここに原因があるとされています。

 

脇は皮膚が薄く、刺激に敏感で炎症を起こしやすいです。
つまりメラニン色素が生成されやすい箇所なのです。

 

毛抜きやカミソリを使って処理することは、お肌に刺激を与えやすいです。
黒ずみが出来る可能性が高いので、自分で処理をするのは控える方が良いです。

 

脇脱毛はサロンの場合、安く出来る時代になりました。
毎月キャンペーンが行われていますので、脇のムダ毛は脱毛サロンで行ないましょう。

 

脇はやさしく洗って保湿!

 

黒ずみがあるからと、刺激を恐れて洗わないのも良くありません。
皮脂の詰まりや、脇の臭いの発生原因となります。

 

優しく洗えば、脇に負担が掛かることもありません。
洗った後は、保湿などのスキンケア(後述)を行うようにしましょう。

 

尚、ゴシゴシ洗えば黒ずみが落ちると思ったら大間違いです。
反対に悪化させる可能性があるので、控えるようにしてください。

 

保湿などのスキンケアを行なう

 

ムダ毛処理や脇の洗い方は、どちらかと言えば予防です。
黒ずみを解消していくという意味では、スキンケアが重要です。
脇の黒ずみのお手入れですが、

 

保湿
美白
炎症対策
というのが大事だとされています。
いずれも黒ずみの原因に関係しているので、解消に繋がります。

 

保湿は刺激や乾燥の対策に、そして美白や炎症はメラニンの生成を防ぐからです。
この中でも、美白に関してはビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど、有効成分を含んだ物で行なうのが良いです。

 

生活習慣を見直す、正す!

 

ターンオーバーは、黒ずみの解消や角質の蓄積を防ぐ為にも大事です。

 

生活習慣が乱れると、ターンオーバーも乱れるそうです。
ですので、睡眠時間の確保や食生活を見直すことも必要になります。

豆乳ローションは脇の黒ずみをとる方法として有りなのか

 

脇の黒ずみの原因とお手入れのポイントをご紹介しましたが、豆乳ローションを使うことは脇の黒ずみをとる方法としてありなのでしょうか。

 

結論から言えば、黒ずみをとる方法として豆乳ローションは最適とは言えないです。
効果抜群!なんて記事もありますが、最適とは言えない理由を解説していきます。

 

豆乳ローションが脇の黒ずみのケアに適していない理由

 

豆乳ローションを脇に塗ると、抑毛効果があると言われています。
そのため、黒ずみのお手入れにも使えると紹介されているのです。

 

豆乳ローションでムダ毛を抑毛、ムダ毛処理の回数を減らせます。
ムダ毛の自己処理が黒ずみ発生の原因の一つなので、黒ずみのケアに使えるという理屈です。

 

確かにムダ毛処理の回数が減ることは、黒ずみにはプラスです。
ですが、それは黒ずみ発生の原因の一つを防げるだけに過ぎません。

 

黒ずみの原因は、ムダ毛処理だけではないのです。
現に、脇脱毛をしたのに黒ずみに悩む女性は多いです。
私もミュゼで脇脱毛をやりましたが、黒ずみができました。

 

また、あくまで抑毛であり脱毛ではありません。
脇はムダ毛も剛毛であることも多く、満足出来る抑毛効果を得られる保証も無いです。

 

豆乳ローションでの美白に関する誤解

 

手作りの豆乳ローションには、レモン等を使うのでビタミンCなども含まれます。
これにより、黒ずみが薄くなると書かれていますが、これも誤解です。

 

ビタミンを単純に塗っても、お肌にはバリア機能があるので壊れてしまいます。
ですから、ビタミンC誘導体という成分が登場したのです。
本来は浸透しにくいビタミンを、肌に浸透するように改良した物を言います。

 

豆乳ローションより適したアイテムとは

 

豆乳ローションを使うのであれば、黒ずみ用のアイテムを使う方が良いです。
黒ずみに必要な成分が配合されていますし、使い方も簡単だからです。

 

個人的には医薬部外品のクリーム、アットベリーがおすすめです。
見ての通り、黒ずみの用のクリームです。

 

セラミドなどの保湿成分、抵炎症成分に加えて、美白成分も配合されています。
この美白成分ですが、医薬部外品としてプラセンタエキスと、グリチルリチン酸の有効成分が配合されています。

 

有効成分は国の審査を通過し、一定の作用があると認可された成分です。
黒ずみのお手入れに使うには、適した商品だと言えます。

 

使い方も簡単で、1日2回黒ずみの箇所に塗るだけです。
オールインワンなので、これだけで保湿・美白・炎症対策の全てが出来ます。

 

脇の黒ずみに必要な物が詰まっており、使い方も簡単ですので専門家も紹介した実績があります。
黒ずみにお悩みでしたら、是非アットベリーを使ってみては如何でしょうか。

 

まとめ

豆乳ローションは、全く無意味ではないですが最適とは言えません。
豆乳ローションを用意するのであれば、黒ずみ用の商品を使う方が効率が良いです。

 

薬局にある医薬品も良いですが、医薬部外品のアットベリーでも脇の黒ずみのお手入れは出来ます。
全身の黒ずみにも使えますし、消臭・美容成分が豊富なので綺麗な脇を目指せますよ。