脇の黒ずみを解消してウェディングドレスを着るには?

wedding-dress-side-darkening 

 

脇に黒ずみがあると、ウェディングドレスでは目立ちます。

 

友人のウェディングプランナーにも話を聞きましたが、当日まで脇の黒ずみで悩んでしまう花嫁さんは結構多いそうです。
脱毛サロンでムダ毛処理を済ませていたのに、黒ずみが解消できなかった...と言う方も実際いるのではないでしょうか。

 

この記事では、ウェディングドレスの着用を予定している女性へ、脇の黒ずみを解消するための方法をご紹介します。
是非参考にしてみてください。

最初に脇の黒ずみの原因を知る!

黒ずみをお手入れしていくには、まず黒ずみの原因を知ることも大事です。

 

何をするべきなのか、正しいお手入れ方法が分かりますし、反対に間違った方法でお手入れをしないで済みます。
ネット上ではあまり意味が無い方法も出回っていますしね。

 

また新しい黒ずみを作らない、予防をしていく上でも原因を知ることは重要なのです。

 

どうして脇に黒ずみが出来るのか

 

脇に黒ずみが出来る原因ですが、主に二つあるとされています。

 

メラニン色素が沈着した
皮脂の詰まり、角質の蓄積
がそれです。

 

メラニン色素の沈着について

 

お肌には外部から肌を守る防御反応があります。
その一つが、メラニン色素です。

 

外部からの刺激や、炎症を起こすとメラノサイトという細胞がメラニン色素を生成します。
それにより、お肌を守ろうとするのです。

 

日焼けが良い例で、紫外線を浴びるとお肌が炎症を起こします。
これを守るためにメラニン色素が生成されて、日傘の様な役割を果たします。

 

通常は生成されたメラニン色素はお肌の代謝で排出されます。
ですが、量が多いと排出しきれずにお肌に沈着して黒ずみになります。

 

皮脂や角質の蓄積について

 

角質は、古くなると表面に上がってきて最終的に剥がれます。
お肌の代謝(ターンオーバー)が、この役割を担っています。
日焼けも時間が経つと前の色に戻るのも、これが理由です。

 

このお肌の代謝が正常に行なわれないと、角質が剥がれずに蓄積します。
また乾燥していると肌の水分を守るために、角質が厚くなります。
その結果、肌が黒ずんで見えてしまうのです。

脇の黒ずみを解消するためのポイントとは

前の黒ずみの原因から、、、

 

メラニン色素の生成を過剰にさせない
皮脂や角質を蓄積させない
ということが、黒ずみ解消のポイントだということが分かります。
原因を知ることで、何をするべきなのかが分かってくるのです。

 

では、具体的にどういったことをすれば二つのポイントを満たせるのでしょうか。
具体的に紹介します。

 

脇のムダ毛処理は自分で極力やらない

 

脇の黒ずみの主原因とも言われているのが、これです。

 

脇は皮膚も薄くデリケートなので、刺激に敏感で炎症も起こしやすいです。
つまりメラニン色素が生成されやすい箇所なのです。

 

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理することは、黒ずみ発生の可能性を高めます。
自分ではやらず、サロンで脇脱毛か負担の少ない課程用脱毛器を使うのが良いです。

 

脱毛サロンは高いと言う印象があるかもしれません。
ですが、今はかなり安い料金で行なえるのでおすすめです。

 

脇を洗う時は優しくやる

 

刺激を与えないために脇を洗わないと、皮脂汚れが詰まります。
また臭いが発生する可能性もありますから、脇は毎日洗いましょう。

 

洗う時はタオルなどは使わず、泡の力で優しく洗うのがポイントです。
ゴシゴシと力を入れて行なっても黒ずみは沈着した物で消えませんし、逆効果です。
洗った後は、後述する保湿などのお手入れも忘れずに行ないましょう。

 

保湿と美白、炎症のお手入れを行なう

 

黒ずみのお手入れのポイントが、ここです。
黒ずみに対してケアをする際には、保湿と美白、炎症対策が必要です。
どれも黒ずみの原因に関係しており、予防と改善に繋がるからです。

 

保湿は外部からの刺激や乾燥を防ぎます。
また美白成分や炎症を抑えることで、メラニンの生成を抑えることが可能です。

 

中でも重要なのが、美白に関しては有効成分を使うことです。
有効成分とは、厚生労働省が審査を行って一定の作用があると認められた成分を指します。

 

自分の生活習慣の見直しをする

 

お肌の代謝(ターンオーバー)は、黒ずみの排出や予防に大きく関係しています。
正常に行なわれないと角質が蓄積しますし、黒ずみも排出されないからです。

 

ですから、お肌の代謝が正常に行なわれるように生活習慣を見直すことも大切です。
不規則な生活、具体的には睡眠時間が短いとか、食生活が悪い場合は見直しましょう。

【残り時間別】脇の黒ずみの解消方法

黒ずみの原因とお手入れのポイントを抑えたところで、具体的に解消するための方法をご紹介していきます。

 

とは言え、読者の方もそれぞれ状況が違うと思います。
ウェディングドレスを着るまでの残り時間別に、方法をご紹介します。

 

残り時間がほぼ無い場合(1ヶ月未満)

 

残り時間がほぼ無いのであれば、解消することもほぼ困難です。
お肌の代謝(ターンオーバー)の周期は約1ヶ月であることからも、お手入れをしても間に合いません。

 

即効性がある美容皮膚科も数回は通うので、時間が無いなら隠すと言う選択肢しかないです。

 

メイク担当に相談するなどして、脇にファンデーションなどを塗って隠しましょう。
リハーサルメイク前なら、その時点で相談して一度やってみるという選択肢も取れるかもしれません。

 

但し、隠すのはあくまでもその時だけです。
解消はされていませんから、結婚式が終わり次第自分で黒ずみのお手入れを始めることをおすすめします。

 

結婚式に招待されるかもしれませんし、夏場は薄着になりますからね。

 

時間が1ヶ月以上数ヶ月未満の場合

 

1ヶ月以上はあるけれど、数ヶ月も余裕が無い場合だと、自分でのお手入れは厳しいです。
自分でのお手入れは数ヶ月は要するものだからです。

 

少しでも解消したいのであれば、美容皮膚科へ行くのが良いと思います。
当然ながら、黒ずみへの効果は期待してよい方法です。

 

但し、注意して欲しい点が幾つかあります。

 

1回で終わらないので通院が必要
保険適用外なので、治療費が高い
ということです。

 

美容皮膚科なら、1回の施術で綺麗になるという印象があるかもしれません。
ですが、流石に1回の施術では終わらないので数回は通うことになります。

 

また保険適用外なので、治療方法によりますがそれなりの値段になります。
レーザーなどを行なう場合、1回に付き10,000円前後だそうです。
それを数回行なうので、やはり効果なりの値段がするのです。

 

数ヶ月の余裕がある場合

 

余裕がある場合は、自宅でお手入れをする事も可能です。

 

自宅でのお手入れは改善だけではなく、予防の上でも大事です。
美容皮膚科できれいにしても、予防しなければ新たに黒ずみが出来る可能性もあるからです。

 

自宅で黒ずみを解消するためには、三つのスキンケアが必要です。

 

保湿をする
美白を行なう
炎症を抑える、予防する
ということです。

 

中でも美白に関しては、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスといった美白に関する有効成分を配合した物で、お手入れを行なうのが良いです。

自宅での黒ずみのお手入れに活躍するアイテムとは

自宅で脇の黒ずみをお手入れするならば、専用のアイテムを使う方が良いです。
保湿、美白、炎症への対策を別個で行なうのは結構大変だからです。

 

別々のコスメで行なうのは駄目という訳ではありません。
ただ黒ずみのケアは長期戦覚悟ですので、毎日続けるとなると厳しいからです。
黒ずみ用の商品であれば、効率よく簡単にお手入れが可能になります。

 

市販品について

 

薬局等では、黒ずみに使える医薬品等が販売されています。
脇に適した物を使えば、それでお手入れをすることも可能です。

 

但し、重曹やニベアというのは用いることを控えた方が良いと思います。

 

ニベアはそもそも保湿機能しかありません。
美白や抵炎症作用がある成分が無いのです。
コスパが良い商品ですが、黒ずみにはあまり適していません。

 

重曹は、まず薬用のタイプを選ぶ必要があります。

 

お掃除用の場合、粒子が大きめなのでお肌に刺激や炎症を起こす可能性があります。
そうなると、黒ずみを解消するどころか悪化させてしまうことになりかねません。
また保湿や美白なども別個で必要なので、こちらもあまり適しているとは言えないのです。

 

脇の黒ずみに適した医薬部外品について

 

黒ずみ用のアイテムをお探しなら、医薬部外品のアットベリーというクリームがおすすめです。
ご覧のとおり、黒ずみのお手入れの為に作られたクリームですので、効率よくお手入れをすることが可能です。

 

保湿成分や、抵炎症作用がある成分もちゃんと含まれています。
また、美白成分に関しては医薬部外品としての有効成分が配合されています。
具体的にはプラセンタエキス、グリチルリチン酸が有効成分です。

 

国から美白に関しての一定の作用を認められている成分なので、黒ずみのお手入れには適していると言えます。

 

使い方も簡単で、黒ずみが気になる箇所に朝晩2回塗るだけです。
オールインワンタイプで全ての成分(保湿、美白、抵炎症)が含まれており、これ以外に何もする必要がありません。

 

黒ずみのケアに必要な要素が満たされており、お肌の専門家も紹介した実績があります。
脱毛サロンのミュゼでも使われていますので、黒ずみにお悩みでしたら是非アットベリーを使ってお手入れをしてみては如何でしょうか。

まとめ

黒ずみは正しい方法で行なえば、お手入れが可能です。

 

解消には時間を要するので、時間が無い場合は隠すなり、美容皮膚科の施術によって改善することができます。
時間がある程度あれば、自宅でもお手入れは可能です。

 

予防をするためにも、保湿と美白だけは欠かさず行うようにしましょう。
特に美白に関しては、有効成分が配合されているのかを確かめることをオススメします。

 

私自身も過去に自分で黒ずみのお手入れを行ないました。
予防にも参考になると思うので、興味がありましたら下記もご覧になってみてください。